小曲詩

旅情小曲詩 第一話

     湯布院   朝焼けの中で霞のように浮かび上がる金鱗湖 最果ての国のようなそして誰もいない大地のような 静かな自然の響きの中で 限りのない清水の音が響きわたる 湖を泳ぐ鳥たちをかき消すように広がる幻想の霧 まるで周りの樹々たちと言葉を交わすように霞は動き 鳥たちにやすらぎの場所を教えるように 暖かな清水は湧き出る 冬には珍しい青き空 由布の山頂から吹き降ろす柔らかな光は 山岳に広 […]