「旅ブログ」空 2018

 Live With Nature

Category: 別府

【別府温泉】地獄めぐりに見る歴史の背景

スポンサーリンク



こんにちは、altowakaです。
今回は別府温泉の歴史について触れていきたいと思います。歴史といっても温泉の発祥秘話は数多くありますが、その中であまり知られていない、もしかしたら地元の方でも知らない方が多いかもしれない、という温泉・地獄に関する歴史秘話を記させていただきます。

大分県別府市といえば、湧出量一日に約80.000㎘、源泉数約2.200を数えるダントツ日本一の温泉地帯です。歴史の古い温泉地だけに、湯にまつわる伝説や史跡が多い街でもあります。観光都市としても1.000軒以上もの旅館やホテルが建ち並び、国内のみならず海外からも多くの観光客を集めています。

🔶地獄湯・蒸し湯の鉄輪温泉

 

別府を訪れて街並みを見た時にまず目に入るのが、街の背後にそびえ立つ鶴見岳、この山は立派な火山(休火山)で別府温泉を支える源になっています。ロープウェイも通り山頂まで行くと、国東半島から大分市内までの景色が一望できる九州屈指の絶景スポットでもあります。

■地獄めぐりのルーツ

鶴見岳を背景にして、いくつもの白い大噴気がたなびくあたりが「別府八湯」のひとつ鉄輪温泉ですね。どの観光雑誌にも必ず載る別府の象徴でもある風景です。

鉄輪温泉一帯がいまの別府観光の発祥のひとつであるとともに、地獄めぐりのルーツともいわれています。伝説によると鎌倉時代の僧、一遍上人が九州巡歴の際、立ち寄り温泉地として開拓したといわれています。現在でもこの一帯を「地獄原」と呼んでいて、地元の方なら誰もが知る名前ですね。

鉄輪温泉のバス待合所から横の路地を西に歩くと、「白池地獄」・「鬼山地獄」・「カマド地獄」と続き、少し離れて「山地獄」・「海地獄」が山を背にして蒸気を噴き上げています。

鉄輪温泉は別府駅から西北に約8キロ離れておりやまなみハイウェイ(九州横断道路)沿いに面する温泉地帯です。地獄といえばいかにも恐ろしい印象がありますが、ひとつひとつ訪ねて歩くと、自然が創造した神秘さと膨大なエネルギーに感動を覚えます。

「地獄めぐり」といえば、昔は修学旅行の定番でしたよね。現在市内各所に散らばる地獄は12ヶ所、別府地獄組合に加盟している地獄が7つ、加盟以外の地獄が5つです。(別府地獄めぐり公式サイト)

この中でも人気があるのは「海地獄」。1200年前に鶴見岳の噴火によってできた地獄で約500㎡ある熱湯の地が海のようにコバルトブルーに澄んでいるところから名づけられました。

見た目には静かな地獄ですが、地下200メートルから200℃以上の熱湯が一日に3.000㎘以上も噴出し、不気味で神秘的といった印象です。

地獄というのがふさわしくないほどの美しさです。池の青色は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためです。園内では、温泉熱を利用してアマゾン地方原産のオオオニバスや熱帯性睡蓮を栽培しており、オオオニバスや熱帯性スイレンの開花期は、5月上旬~11月下旬で、朝方が見ごろです。

泉質:含食塩酸性泉(ラジウム硫酸鉄を有す)
深度:泉脈までの深さ200m
泉温:約98度

鉄輪温泉温泉から北に亀川方面に降りていくと、「血の池地獄」がありそのすぐ先には間欠泉で有名な「龍巻地獄」があります。

池の広さは約1.300㎡、水面がゾクッと寒気を誘うような血の色をしています。奈良時代に編纂された書『豊後国風土記』に”赤湯泉”の名で記された、1300年以上前から存在する日本最古の天然地獄です。その希少性が認められ、平成21年に国の名勝に指定されました。

泉質:酸性緑礬泉
面積:約1300㎡(420坪・840畳)
深度:約30m(粘土のため最深部不明)
摂氏:約78度
湧出量:約1800kl./1日

園内には足湯もあり地獄めぐりの疲れを癒してくれますよ。この足湯は「海地獄」・「かまど地獄」・「鬼石坊主地獄」にも足湯が設置されています。

別府市の天然記念物にも指定される間欠泉が龍巻地獄。豪快に噴き出した熱水は、屋根で止められているが約30mほど噴き出す力があります。泉質:含食塩酸性泉
泉温:約105度(噴気)
地下熱水150度

海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つの地獄が「別府の地獄」として国の名勝に指定されています。

■鉄輪温泉の由来

鉄輪温泉の旅館街は自炊客目当ての朝市が開かれたりする素朴な湯治場です。いまでは地獄蒸し料理が有名になり、多くの観光客が訪れていますね。鉄輪温泉は別府の源泉といわれ、泉質・湯量とも豊富です。ここで一番の名物は、鎌倉時代に一遍上人がつくったといわれる岩の蒸し風呂です。

温泉山永福寺に伝わる鉄輪温泉の由来によると、建治2年(1276)に一遍上人が念仏行脚の途中、鉄輪にやってきた。この辺り一帯は猛り狂う大地獄のため、里人は困り果てて一遍上人にすがった。

一遍上人が大小の石に経文を一字ずつ書いては地獄に投げ込み念仏を唱えると、荒れていた地獄も不思議と治まった。そこで一遍上人はここに蒸し風呂や熱湯などを造ったという。

鉄輪温泉街には市営の「上人の蒸し湯」があります。

大人一人がやっとという狭い木戸をかがんで中に入ると、内部は石室になっています。蒸気がこもって暗く、いわば原始のサウナといったところですね。蒸気が噴き上げてくる床の部分には、菖蒲によく似たせきしょうが敷いてあり、その上に仰向けになり、蒸気を全身に浴びます。発汗によって疲労回復をはかり、温泉ガスを吸入すると、足腰の痛みが少しずつ癒されるといいます。

■鉄輪温泉マップ

鉄輪温泉マップ1

 

スポンサーリンク


🔶大友氏の激戦地、観海寺温泉

鉄輪温泉からやまなみハイウェイを東に行くと観海寺温泉があります。別府の東側に位置する温泉街で、有名どころで「杉乃井ホテル」や「別府白雲山荘」などがある場所です。

 

このホテルの周辺は、キリシタン大名の大友氏378年の栄華と悲劇の石垣原の古戦場である。大友氏がキリシタン大名とわばれるのは、天文2年(1551)、当時山口で布教していたフランシスコ・ザビエルが豊後へやってきたことから。大友宗麟はザビエルを丁重に迎え、豊後での布教を許すとともに、熱心に教えを聞き、1ヶ月後に彼がインドにかえるときには、宣教師を送ってもらうよう、使者を同行させた。

当時、南蛮船の入港先は宣教師たちが決めていたので、南蛮貿易を盛んに行いたいという下心があったのも確かだが、キリスト教じたいにも心をひかれていたらしい。

■観海寺温泉の由来

観海寺温泉は平安時代まで、立石の湯と呼ばれていました。建久8年(1198)5月、大友能直(大友氏初代)が立石湯場の上に一字を建立、清湯上観海寺と名づけ、母の禅尼らの宿坊とした。以来ここを観海寺と呼んでいます。

■石垣原の合戦

石垣原の合戦は、慶長5年(1600)8月13日に始まった。大友軍随一の豪将吉弘嘉兵衛統幸は、精兵900を率い黒田如水(徳川方)率いる部隊と戦った。最初は黒田方を押し込んで優勢に立っていたが、黒田方の第二陣の武将の中に久野次左衛門という若武者がおり、第一陣が逃げるのを見て怒り、吉弘隊に逆襲、大友軍の宗像鎮次もこれを見て500人の兵を率いて突進、戦いは激しい混戦となった。ほぼ互角で戦っていた合戦であったが、大友軍の武将吉弘統幸の戦死で急速に終結に向かった。

大友義統はわずかになった兵に守られていたが、黒田軍は南立石の大友本陣を包囲、これを切り崩す兵もいなかったために戦いに敗れた。慶長5年9月14日、黒田如水に降伏した大友義統は頭を丸め江戸に護送される。大友義統は慶長10年(1610)7月19日49歳で江戸城下で病死した。

大友氏22代義統滅亡後の元和元年(1615)11月、京都豊国神社の萩原三位兼従の領地となった観海寺は、その宿坊として改築、御前湯と称して一般住民の入浴が禁じられた。

それから100年後の享保10年(1725)3月、八代将軍徳川吉宗は立石一千石を没収、天領としての観海寺温泉を解放した。

別府観海寺温泉は海抜200メートルの高台に位置し、別府市街、高崎山や別府湾、国東半島まで一望できます。だから著名人は観海寺温泉に宿をとる方が多いんです。昭和天皇は「白雲山荘」、現在の平成天皇は皇太子時代「杉乃井ホテル」に宿泊し、有名作家や俳人も多く訪れてここから作品が多く生まれています。

🔶今もひっそりとたたずむ堀田温泉

観海寺からさらに奥に入った鶴見岳の裏側にあたる場所には、古い歴史をもつ堀田温泉があります。けっこうマニアックな温泉なので観光客はあまり多くはないのですが、別府八湯のひとつに数えられます。

堀田温泉の前を走る道路は昔、湯布院、豊後森・日田・大宰府方面に行く往年の重要な官道でした。古くから温泉の湧出があったので、旅人は長旅の疲れをここで癒しており、観海寺温泉と併せて立石の湯と呼ばれていました。大自然の中にある温泉というイメージが強く、周りは山で囲まれていて前方だけの眺望しかきかない温泉です。

昔から治癒能力に優れた温泉と名は高く、各界著名人もここで湯治休養をとっている。江戸時代から数軒の宿があり、江戸時代から明治にかけては繁栄したと聞いています。昭和に入り、道路環境も変わり往来が少なくなった背景から、繁栄する鉄輪温泉とは違い時代の流れにひっそりとたたずんでいる、情緒あふれる温泉です。

スポンサーリンク



🔶おすすめの立ち寄り湯

最後に自前ですが、別府観光にきて立ち寄り湯に迷っているのなら、ひとつオススメがあります。

鉄輪温泉のはずれにある「ひょうたん温泉」です。ここも古くからあり瀧湯が有名ですね。お値段も手ごろで、湯場も広くもちろん露天もあります。家族湯も数多くあり、食事処も完備していて半日ゆっくり過ごせます。

    

別府観光、絶景スポット、グルメ情報も公開しています。

湯の街別府の観光、絶景スポットと名物だんご汁


今日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




関連記事はこちらからどうぞ!
湯布院の「金鱗湖」は神秘の湖?絶景のカフェと「湯の坪街道」を歩く
湯の街別府の観光、絶景スポットと名物だんご汁
筑前芦屋の「とと市場」 絶品!?の「海鮮丼」
【芦屋窯の里】芦屋町を訪ねる、資料館と復興工房に見た歴史
道の駅むなかたの海産物がすごい!
九州の紅葉スポット、オススメの5選2018!
日本新三大夜景認定、北九州市皿倉山の絶景スポット!
【門司港レトロ】観光とグルメの定番焼きカレー!
【湯布院】由布院温泉の観光と歴史
【坂本龍馬】新婚旅行の霧島温泉郷
【道後温泉】歴史と観光スポット

湯の街別府の観光、絶景スポットと名物だんご汁

湯の街別府、九州の東北部、大分県のほぼ中央に位置する別府市。

言わずと知れた温泉観光で有名な街ですが、この街は私の第二の故郷でもあります。

最初に訪れたのは今から49年前、小学校の修学旅行の宿泊地として足を踏み入れました。

記憶が少しあいまいでもありますが、鉄輪温泉の一角にある「みなと屋旅館」に宿泊したと思います。

なぜこの地が第二の故郷になったのか?

その決定的な事件が宿泊した次の日の朝に起きました。

朝食前に旅館屋上でラジオ体操を行うことになり、眠たい目をこすりながら屋上へと足を運びました。

時間は確か午前6時過ぎ、5月下旬の朝はまだ肌寒く少し体を震わせながら手すり越しに見える景色を眺めていました。

その時、別府湾から昇る朝陽が湾を通りぬけ街並みを走り、扇山を超えて鶴見岳へと一気に駆け抜けたのです。

まるで大きな水彩画を見るように、国東半島から続く弓なりに描かれた海岸線が大分市内まで続き、水平線の向こうにたぶん四国であろう薄い陸の影が浮かび上がっていました。

目を少しずつ街並みへと移すと市内のいたる所から立ち昇る湯けむり、それが朝陽と交じり合って緑の丘陵の扇山へとゆっくり進んで流れてゆき、まるで自分の体が湯けむりと同化して大空を飛んでいるかのような錯覚さえ覚えてしまったのです。

この時私は子供心に誓いました。「自分が死ぬまでに必ずもう一度この景色を見に来る」と、小学生だった私にしてみれば遠い地の出来事であり、心の奥深くに刻み込まれた情景に強い衝撃を受けてしまいました。

 

その情景を再び見られたのは18才の夏の事でした。

大学の先輩が突然、朝の4時に私の部屋を訪れて「お前に素晴らしい景色を見せてやる」と言い、ボロボロの車で私を「十文字原展望台」に連れて行きました。

別府湾から朝陽が昇る瞬間、私の中で小学校の修学旅行で見た景色がよみがえり、体が震えて涙まででてきました。

もう40年以上も前のお話です。それ以来この地を離れても必ず1年に一度訪れて、ここから見る素晴らしい景色を眺めております。

人には人生の中で必ず忘れられない景色を持っているはずです。それが名もない景色であってもその人にとっては生きてゆく大きな糧となっています。

私もこの十文字原から見る景色が人生の糧となっております。

自然を愛し、自然体で生きる。

これからも情報発信の中で少しずつですが紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



 


■湯の街別府の絶景スポット!

この「十文字原展望台」に行くには別府市内に入り国道10号線を国道500号線(やまなみハイウェイ)・(九州横断道路)方面に曲がり、道なりに上っていくと湯治場で有名な鉄輪温泉を過ぎます。道はさらに上っていき右手に坊主地獄があり、そこの信号を右折(安心院方面・国道500号)

 
泥湯温泉を過ぎて湯の花で有名な明礬温泉に入っていきます。
ここで少し休憩!

駐車場が狭いため、多くても20台ぐらいしか止められません。休日は訪れる方が多いため混雑し、別府市内から登ってくると駐車場に入るための右折が困難となります。十文字展望台を見学後下ってくると駐車場に入るための待機場があるためスムーズに入れます。また警備員の方も誘導してくれます。                                
明礬温泉は硫黄の匂いがすごいですね。この匂いが嫌いな方にはちょっと耐えられないかも! 「地獄蒸しプリン」を食べてみました。


もちろん硫黄の味はしません。まろやかで甘みがありとても美味しかったです。(食べかけで写真を撮るなと怒られました)



自衛隊の演習場入口を過ぎるとすぐに「十文字原展望台」と書かれた看板を右折して狭い道を一番奥まで行くと駐車場があります。そこに車を止めて10歩ほど歩くと別府湾を中心に広がる大パノラマが目に飛び込んできます。

 

大分の放送局テレビ塔と併設した標高300M位の丘陵地ですが、ここですごいのが弓なりに描かれた別府湾の海岸線が一望できること。

右手を見ると湾から広がる国東半島が見え、左手には高崎山を過ぎて大分市内へと続く海岸線が伸びてゆき、空気が澄みきった視界のいい日には水平線の向こうに豊後水道を超えて四国の陸の影も見えます。

眼下の別府市内に目を移すと、別府八湯すべてが見渡せて街のあちこちから湧き出る温泉の蒸気が、まるで蒸気機関車が街の中を何台も走っているかのように感じてしまいます。

この記事の一番最初に載せている写真「湯けむり展望台」からの眺めも情緒がありますが、ここからの景色は最高ですね。

まさに別府温泉の真骨頂とも言えるべき風景です!

「十文字原展望台」から見る日中の景色も素晴らしいのですが、晴れた日の出の時間帯に行くことですね。

遠い水平線の彼方から昇る朝陽を眺めるだけでもありがたい気持ちになるのですが、その朝陽が昇るにつれて水平線から柔らかな光が輝き始めて、青色の別府湾の真ん中に一筋の光の道が突然現れます。

その光はまるで電光石火のようにすごい速さで湾を走り、三角すい状に広がる別府の街並みを昇って行き、扇山を超えて奥別府にそびえ立つ鶴見岳へと一気に駆け登ります。

毎日見られるわけではありませんが、この光景を一度目にすると忘れられない風景の一つになることだと思います。

今ではデートスポットとしても有名です。夜景も本当に素晴らしいので、観光のスポットのひとつに入れていかれてみてください。

スポンサーリンク


 

■別府観光のグルメは名物「だんご汁!」

さて、大分に来たのだから「だんご汁」を食べなければと思い、長年通っている「甘み茶屋」を久しぶりに訪れてみました。近頃ではいろいろな観光雑誌に取り上げられて、儲かっているのでしょう。40年前は細々とやっていたお店だと記憶しております・・・・・

    
道路沿いに面していますが非常にわかりにくいです。気が付いた時には通り過ぎてしまってる恐れがあるので要注意ですね。駐車スペースは建屋の奥にあります。入口も狭いのでわかりずらいです。休日はお客さんも多く1日中通して混雑してます。約30分~1時間待ちは当たり前です。

 
混雑を避けるために出口を別に設けてます。

 

お店も増設しており、店内も和風でモダンな造りになっています。
    
    
    
一番人気の「天むすとだんご汁」、「だんご汁定食」そして「とり天」です。

天むすはエビと野菜から選べます。定食のきな粉をまぶした「やせうま」は淡白なやせうまときな粉の甘みが絡みおいしいでね。

「だんご汁」はゆずごしょうを振りかけるとほんのりゆずの香りが漂いいい香りがします。

具はやせうま・白菜・サツマイモ・ゴボウ・ニンジンと豊富で、味付けは濃いめです。

鳥天の漬け汁はかなり濃厚です。(カボスが入っているのかも)

全体的に味付けは濃いめです。田舎的な味で大変おいしくいただけました。

「天むすとだんご汁小」850円

「だんご汁定食」1080円

「とり天」390円

高いとは思いませんでした。比較的リーズナブルなお値段だと思います。

一度寄られて食してみてください。

別府温泉の観光と歴史も公開しております。

【別府温泉】地獄めぐりに見る歴史の背景

スポンサーリンク



 

■癒しの湖 志高湖

さて、食事を済ました後は一路奥別府へ!

県道11号線を別府市内から湯布院方面へと走っていくと、鶴見岳ロープウェイ乗り場を過ぎ道路をのぼりつめて行くと信号がありそこを左折、志高湖へと入っていきます。

「志高湖キャンプ場」としても有名ですが山林の中に広がる湖として古くから人々に安らぎと癒しを提供してくれるすてきな場所ですね。

 

    

「志高湖」にいる白鳥たちは飛ぶことができません。一年中ここで生活しています。本来白鳥は渡り鳥、大空に羽ばたいて何千キロもの距離を優雅に飛び回る鳥です。それを考えると少し寂しい気分になりますね。



■別府八湯温泉観光地図

別府市観光協会

住所 大分県別府市上野口町1-15
お問い合わせ 別府市観光協会
(TEL)0977-24-2828
料金 無料
休日情報 土日祝日
駐車場 あり
アクセス JR日豊本線別府駅から徒歩約10分
ホームページ http://kyokai.beppu-navi.jp/

■いい景色です!  別府湾PA

最後に多くの方が車で来られると思います。別府インターを下りる前に東九州自動車道別府湾PAがあります。私的にはけっこう好きな場所です。

     高速道路の別府~湯布院間は霧の発生が多く通行止めなることも多いことで有名ですが、この別府湾SAは景色もよく敷地も広いので休憩をとるには良い場所です。

 

    

店内はそんなに広くはありませんが、テラス席もあり別府湾の景色を眺めながら食事と休憩ができます。

 
  定番のおみやげコーナーです。

 
   気になったんで食べてみました。けっこういけます!

 
           DogRanもあります。

 

別府には数多く温泉施設が点在します。紹介すれば切りがありません。今回あえて温泉は記事にはしませんでした。次回別府を訪れた時には、王道である温泉・地獄めぐりを主に取材していきます。

 

湯の街 別府

別府八湯とは市内8つの代表的温泉地の総称です。(浜脇温泉・別府温泉・亀川温泉・鉄輪温泉・観海寺温泉・堀田温泉・柴石温泉・明礬温泉)

源泉数 2217

湧出量 83.058リットル/分

ダントツの日本一!

スポンサーリンク





関連記事はこちらからどうぞ!
春の深耶馬渓 絶品! とろろそばと癒しの温泉
【芦屋窯の里】芦屋町を訪ねる、資料館と復興工房に見た歴史
神秘の湖?とおしゃれなカフェレストラン(金鱗湖編)
筑前芦屋のとと市場 絶品!?の海鮮丼
幻の芦屋釜と玄界灘を望む街芦屋
道の駅むなかたの海産物がすごい!
宗像大社見る世界遺産と関連遺産群
alto waka Profile Year2018
車中泊ブーム、旅をするなら「RVパーク」がおもしろい!
九州の紅葉スポット、オススメの5選2018!
日本新三大夜景認定、北九州市皿倉山の絶景スポット!
【別府温泉】地獄めぐりに見る歴史の背景
【湯布院】由布院温泉の観光と歴史