phg23415

1/4ページ

福岡の【恋人の聖地】観光スポット

  • 2019.01.16

こんにちは、ワカマツです。 いま全国にひろがりつつある「恋人の聖地」、私なんかは、いまさらこういう場所に行って「愛を誓いあう」という年でもありませんが、観光スポットとして考えると無視はできません。 この「恋人の聖地」が点在する場所は、全国でも風光明媚な場所が選ばれていて、例えば「絶景スポット」・「夜景スポット」・「自然と融合させたスポット」など、誰が行ってもいい場所、と思えるようなところに点在して […]

【箱根温泉】歴史に残る箱根七湯、湯けむり紀行

こんにちは、ワカマツです。 今回は箱根駅伝でもおなじみの「箱根温泉郷」を記していきます。今年の正月に箱根駅伝を見ていて、「そういえば箱根にも3回ほど行ったな」と思い出し、色々と資料をまさぐっていると、各温泉の調べた資料が見つかりました。 近頃では忙しくて、気ままな旅もできないまま、ネタ薄になってきているので、それをまかなう意味でも少し記していきますね。 箱根温泉をネット(グーグル)で検索すると、旅 […]

【下諏訪温泉】観光と歴史、神が宿る湯

こんにちは、ワカマツです。 長野県下諏訪町に広がる「下諏訪温泉」、昔から交通の要所であり、甲州街道と中山道が合流する地域でもありました。諏訪湖を望む景勝地としても有名で、幾つもの神伝説が存在する温泉郷です。 🔶御柱祭に代表される下諏訪の温泉郷 ■皇女和宮の御止宿 今から20年前ぐらいになると思いますが、この下諏訪町にはよくお世話になりました。この地域は日本を代表する電子機器メーカー […]

【日本の名湯】と名作の旅(前編)

こんにちは、ワカマツです。 温泉に関することなのですが、こういう記事を書いて、果たして読んでくれるのか少し心配ですが、文学と温泉との結びつきを兼ねてから調べていた時期があり、書き残しの記事ではないですが、少し記してみたいと思います。 温泉の旅を続けていると、歴史関連のことを深く掘り下げて調べたりするのですが、その中で必ず出てくるのが文豪たちとの出会いでした。 これは意外に切っても切り離せない存在感 […]

【日南海岸】南国宮崎の古代ロマン漂うロードパーク(後編)

こんにちは、ワカマツです。 前回に引き続き「日南ロードパーク」後編を記していきます。この「日南ロードパーク」という名称、正直、何年前から使われだしたかはわかりませんが、グーグルで検索をかけてもすぐに出てくるので、ネット検索が頻繁に始まりだした時期にはすでに存在した名称なのかもしれませんね。 ただ、私の記憶の中には「日南フェニックスロード」という名称の記憶があります。これは当時、宮崎市内から最南端の […]

【日南海岸】南国宮崎の古代ロマン漂うロードパーク(前編)

こんにちは、ワカマツです。 「真冬にこんな記事書いて大丈夫、バカじゃない」と思われそうですが、これはあえて2019年の夏を見越しての記事であります。2018年の3月に訪れた日南海岸は、すべて中途半端に終わっていいます。 観光が目的ではなかったので仕方ないとは思っていますが、この時、少しだけ歴史関連のことを調べました。記事も中途半端で半年ほど放置していましたが、この度、性根を入れてまとめてみました。 […]

【鳴子温泉】こけしの里、観光とルーツの歴史

あけましておめでとうございます。ワカマツです。2019年も、みなさまにとってよい年でありますように! さて、年明けの第一発目は、こけしのルーツと言われている宮城県大崎市に位置する鳴子温泉です。一番最初に訪れた時は、今から25年前ぐらいでした。当時は大崎市ではなく、宮城県玉造郡鳴子町でした。雪深い温泉地で、東北を代表する温泉地でもあります。 平成18年3月31日、かつての鳴子町は、古川、岩出山など1 […]

【日本の温泉】開湯伝説の旅

こんにちは、ワカマツです。 12月に入り、事務所仕事が多くなり、旅にも出れない日々が続いています。編集作業があまりにも多く、今の調子では年末までにかたずけられないようですが、暇を見つけて5年前ぐらいからダラダラと書いていた記事があったので、少しまとめてみました。 この記事は自分が30年という月日の間に訪れた場所でもあり、5年前ぐらいには謀雑誌の記事として公開される予定でしたが、自分のミスで編集が遅 […]

【高塔山公園】歴史ある夜景スポット

こんにちは、ワカマツです。 今回は、北九州市若松区に位置する「高塔山公園」のことについて記させていただきます。ここは自分が日常的に訪れているところでもあり、自然が豊かで景色もよく、心の癒しにしている場所でもあります。 今年は「日本新三大夜景」にも選ばれた経緯もあり、夜景スポットとして新たに人気が出始めています。 🔶高塔山公園の自然と新たな夜景 ■高塔山の歴史 古くからある「高塔山公 […]

【ハレー彗星】次回はいつだ、1910年の大接近!

🔶ハレー彗星に抱くロマン こんにちは、ワカマツです。 トップページに記させていただいた、「歴史カテゴリー」の追加、その第一弾として取り上げたのが「ハレー彗星」の記事です。”できたらもう一度見たい”という気持ちも込めて、また無駄な長生きを目論んでいる意味でも、取り上げたいテーマでした。 1986年に見たハレー彗星は、ただの星にしか見えませんでした。できることな […]

1 4