武田信玄率いる、武田騎馬軍団と武田水軍

日本の歴史

戦国時代、一世を風靡した「武田騎馬軍団」、また、信玄が駿河侵攻作戦を開始するようになって、編成されたという「武田水軍」、各諸説、色々とありますが、史料をもとに自分なりに読解した見解を記してみたいと思います。

騎馬軍団と水軍、考えてみたら無敵ですよね。

テレビや映画で華麗に描かれていますが、実際はどうだったのか、探ってみるとわかりますが、多種多様の説があることに気づき、一体どれがホントの話、と考えてしまいます。

特に水軍に関しては謎が多く、本当にそんなものがあったの、と思ってしまいます。

そういった意味でも今回は自分なりに探ってみたことを記していきますね。

スポンサーリンク



武田騎馬軍団の数は!?

設楽ヶ原の戦い(長篠の戦い)」は歴史好きな方にとってはよく知っている合戦だと思います。戦国時代の天正3年5月21日(1575年6月29日)三河の長篠城(現愛知県新城市)をめぐり、3万8千の織田・徳川連合軍と1万7千の武田勝頼の軍勢が戦った合戦ですね。

それでは、設楽ヶ原の戦いに投ぜられた両軍の兵力は、史家によってずいぶん員数の出し方が違います。実際に定説となっているいるのが上記に記した数字ですが、織田軍1万2~3千人、徳川軍4~5千人、これに対する武田軍はせいぜい6千人だったという説もあります。

しかし、『甲陽軍艦』は、武田軍1万5千人、織田・徳川両軍合わせて4万余と書かれています。もちろん、どちらを正しいとするかは、判断する史料の評価によるものですが、基本的には最初に記した数字が妥当ではないかと感じています。

仮に武田軍を1万7千人と算出した場合でも、武田勝頼はこの全軍をもって、設楽ヶ原の決戦場に乗り込んだのではないから計算はややこしくなります。

1万7千人のうち、2千人を長篠城包囲に残しているし、さらに2千人を鳶ノ巣山(とびのすやま)の砦に割いているから、残る1万3千人が設楽ヶ原の合戦場にいた計算になります。

『甲陽軍艦』が1万2千人で決戦に望んだと書いているから、ほぼこの実数に近いのではと思います。

しかし、これが全部武田騎馬隊かというと、これがまた決してそうではありません。

『甲陽軍艦』品第十七によると、「武田法性院信玄公御代惣人数之事」と題して、信玄全盛期の武田軍団の員数が載せられています。

それによると、「騎兵数合わせて九千百二十一騎」と見えます。つまり武田軍団の全騎兵数は、信玄の晩年の時代、ほぼこの数が固定数と見てよいと思います。

この騎兵数に主従関係を組み合わせると、『甲陽軍艦』は「主共に五人づれにして、四万五千六百五人」としています。

さらに、これに「旗本足軽八百八十四人」、「惣家中の足軽が五千四百八十九人」とあり、この二つを合わせて6千3百73人で、総合計が5万1千978人となり、これが信玄の動員できる軍団数であったみたいです。

もっともこの計算方法は、主従四人あるいは三人と見る向きもあるから、これによれば四人計算だと4万2千8百57人、三人だと3万3千736人ということになります。

この状況下で、武田勝頼軍1万7千人と踏んだ場合には、騎馬数は約5分の1と見て、3千~4千と見ていいでしょう。

そもそも武田騎馬隊というのは、専門騎馬隊があったわけではありません。長篠の戦い死者名簿から有名士大将の騎馬数を拾い出してみると、次のようになります。

山県三郎兵衛昌景  300騎

内藤修理亮昌豊   250騎

真田源太左衛門信綱 300騎

土屋右衛門尉昌次  300騎

馬場美濃守信春   120騎

原隼人昌胤     120騎

甘利郷左衛門    100騎

望月勘八郎重氏   60騎

といった状況であって、この数はこの数は知行高によって割り出された軍役の騎馬数です。

この他に徒武者(かちむしゃ)・足軽・中間(ちゅうげん)・倅者(かせもの)・小者(こもの)などがついて一隊が編成されるから、旧陸軍の小隊がいくつもあったと考えるとわかりやすいと思います。

戦法の全指揮は総大将がとりますが、個々に采配を任された士隊長のもと、まず足軽隊が石礫(いしつぶて)・弓・竹槍などで攻撃を仕掛けます。

勝頼の時代には鉄砲が多く用いられていますが、竹束などをもって進軍し、敵がひるむのを見ると、騎馬隊が最後に突撃するといった戦法です。

しかしながらこの長篠の合戦にはいくつかの疑問がわいてきます。

第一に有名な「長篠合戦図屏風」を見ても、武田軍団の方に、鉄砲玉よけの竹束ひとつ描いていません。これではまるで丸裸の人間が、この当時では近代兵器を装備し、知恵と非凡な戦闘力と采配力をもった信長陣営に、あわれにも突っかかっていったとしか思えません。

また、戦死者の実態をみると、実際に鉄砲玉による戦死者の数は意外に少ないのが分かります。

武田の戦法というのは、勝てる勝算がなければ、突撃命令など絶対に出さないし、また総攻撃は全軍一丸となっておこなうのが本義です。

ところが、穴山信君隊のように、突撃した形跡もなく、全隊無傷で引き揚げてきた隊もあるように、勝頼の総指揮はまったく徹底を欠いていたように思えます。

これは、この総攻撃をこぞって反対した信玄時代の老将たちが、新国主勝頼に仕えて心の葛藤に悩みぬき、信玄を慕うあまり、自殺行為を承知で敵軍に突っ込んでいった行動が、この大敗を招いているとしか思えません。

なぜならば、土屋右衛門尉がとった言動にあるからです。

「先月信玄公御弔(おとぶらい)に追腹をきるべきに、高坂弾正に異見せられ、か様の合戦まてと申さるるに付、命ながらへて候」

という言葉を残して、馬防柵の中へ突っ込んで、壮絶な戦死を遂げた姿の中に、そのすべてが象徴されているからです。

スポンサーリンク



武田水軍は本当にあったの?

さて、次に意外と知られていない「武田水軍」の話をしていきます。

武田軍団には、信玄の時代につくられた海賊衆が、駿河先方衆の一員として編成されていました。

海賊衆、つまり武田水軍いうのは、信玄が駿河侵攻作戦を開始するようになって、その必要上から急に脚光を浴びた、比較的新しい組織だとされています。

年代的にいえば、永禄11年(1568)以降で、駿河を完全支配下においてから水軍編成をしたみたいですがね・・・ほんとうだろうか?

水軍が置かれる以上、当然、港が必要となりますが、当時の江尻の津(現、清水港)がその基地となっていたと記されています。

また、実際に『甲陽軍艦』に記されていますから、武田水軍はいたということでしょう。

この中で水軍は次のように編成されていました。

「間宮武兵衛船十艘 間宮造酒丞船五艘 小浜景隆 安宅一艘 小舟十五艘 向井伊兵衛船五艘 伊丹大隈守船五艘

岡部忠兵衛船十二艘 同心五十騎」

この記載順位は末尾にいくほど重要武将です。

伝承によると、もと今川家の家臣であった岡部忠兵衛貞綱が、武田信玄に重く登用され、ついで同じく今川の旧臣であった伊丹大隈守康直が加担して、両将を船大将として水軍編成が可能になったと考えられます。

岡部と伊丹の二人を船大将としたのは、武田の職制の複数制によったもので、岡部が主将、伊丹が副将です。

岡部忠兵衛の家系をみると、岡部氏というのは、後に徳川家康に仕えた岡部正綱から長盛の系統の一族で、この一党は清水が本拠地でした。

忠兵衛貞綱の起用は、清水港を基地とする場合、どうしても必要な布石でした。また副将としての伊丹大隈守康直は、やはり海に面した興津(おきつ)を本拠地としています。

また、岡部正綱の妹は、伊丹康直の室となり、両家は姻戚関係に結ばれていたから、この海にゆかりをもつ二家が、海賊衆の奉行に抜擢されたことは、武田水軍としてはしかるべき人選であったのでしょう。

また、両将の下につけられた間宮武兵衛、間宮造酒丞の両名は、もともと北条氏の海賊衆の一員でした。したがって駿河湾から伊豆方面の海を熟知しており、人選にあたってどうしても欲しい要員であったと思われます。

小浜景隆・向井伊兵衛というのは、もともと伊勢国司北畠の家臣で、こちらは伊勢海賊衆の出身でした。

このように、甲斐・信濃・西上野などを領国として、海をまったく持たなかった信玄が、永禄11年に至って駿河を手にいれることにより、ようやく編成することができた海賊衆です。
それだけに、にわかづくりの混成部隊でしたが、信玄としては相当に力を入れた様子がうかがわれます。

「安宅船(あたけぶね)」もしくは「あだかせん」と言われていますが、帆は1本、片方の舷側に艪(ろ)25丁を装備し、両方合わせて50丁艪仕立ての兵船です。

この船の模型が、現在、信松院(東京都八王子市)に所蔵されています。

さて、武田水軍の海戦としては、元亀元年(1570)の対北条軍との戦いに、伊豆攻めに出船したと伝えられていますが、信玄が西上の途についた三方ヶ原の合戦などにも、遠州灘方面の海岸線の哨戒の任務についていました。

しかし、武田水軍が駿河湾上ではじめて本格的に戦ったのは、天正8年(1580)3月、武田勝頼と北条氏直が激突した、浮島ケ原の合戦でした。

この時、武田水軍の基地は、前記のように清水港でしたが、北条軍の水軍基地は伊豆の重須港で、沼津から約8キロほど離れています。

一方、陸地の方は武田勝頼の本陣が、今の静岡県富士市(旧浮島村)で、北条軍の大将・氏直の本陣は三島市に置かれていました。

両軍は陸上の場合、勢力はほとんど互角でしたが、水軍の方は、北条では安宅船を10隻もかかえていたから、武田水軍は戦力的にやや劣勢で、戦い始めた時には敵船に追われて逃げ惑っていました。

しかし、向井伊兵衛の兵船が20丁艪の小船で、そのため船足が早く、横合いから北条の水軍を衝いたため、ようやく劣勢を跳ね返し、戦いは五分五分で引き分けたと記録にあります。

この海戦を地図で検討してみると、もし北条水軍が制海権を得て、駿河湾を一手に征してしまっていたら、武田・北条の力関係は大きく変わる要素を持っていました。

ことに、武田軍よりはるかに有利な水軍を駆使して、沼津から清水港へかけての海岸線を手中にしてしまったら、武田軍がいくら駿河で戦勝の気運にのっても、軍事的には後方支援の絶好のルートを与えてしまったことになるし、また経済上の海上権益の損失も膨大なものとなるでしょう。

これは武田水軍が西伊豆を征した場合でも同じことがいえます。北条氏にとって伊豆の海岸線は、関東と西国を結ぶ重要な中継基地でしたから、この水軍を失うことは、この海上権益のすべてを失うことになるということです。

スポンサーリンク



武田信玄率いる、武田騎馬軍団と武田水軍のまとめ

最後に、武田水軍の史料が極端に少なく、実際の動きや信玄との関り、また、勝頼時代になってからの水軍の動向等が思うように掴めません。

残念ながら、これ以上は安易に憶測だけで書くことはできなくなりました。ただ、歴史というのは調べれば調べるほど面白くなってきます。しかしながら、どうしても史料等に頼よならければ書けない現状があることを、ご理解いただきたいと思います。

また、ご機会があればお寄りいただければ幸いです。

今日は最後までお読みいただきありがとうございました。

※ブログ内の記事はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました