世界遺産、宗像大社の初詣

生活記事

あけましておめでとうございます!

2020年(令和2年)の幕開けです。今年はオリンピックyear、日本中が盛り上がる年になりそうですが、元号も令和に変わって実質的には最初の年ですね。

皇室関連の行事も今年一年は色々と行われるみたいですが、オリンピック同様、活気に満ちた一年にしたいものだと思います。

さて、正月早々、世界遺産でもある「宗像大社」を訪れました。今年一年の交通安全と事業の安定化、そして今年こそ身体が元気でありますように、と願いながらの訪問です。

基本的には、仏閣とは違い神社は個人的な祈願をする場所ではありません。「世界が平和でありますように」とか、「人々が末永く幸せでありますように」、みたいな全般的な思いを祈願する場所です。

とはいっても、宗像大社も交通安全の神様、皆さん車のお祓いや交通安全祈願で来るのは当たり前、他の神社もそうですよね。

「一年の計は元旦にあり」、じゃないですけど、誰もが初詣でに行き、自分のことや家族のことを祈願するのは当たり前です。

しきたりや歴史はともかく、参拝して心新たに出発する気持ちが何よりも大事じゃないかと思います。

スポンサーリンク



宗像大社の初詣で

毎年恒例にしている世界遺産「宗像大社、辺津宮」の初詣で、今年も何とか行くことができました。

近年、身体の調子も悪く、長時間歩くことができなくなってしまい、迷いもありましたが、気持ちの切り替えという意味で行くことに決めました。

三社参りの起源

もともと、初詣での習慣は日本にはありませんでした。実際に一般の方が神社や寺院に初詣でを行う習慣ができたのは、明治の中期ごろでした。

それ以前は各地方の大名や旗本方を中心に、近くの氏神様に大晦日から元旦にかけて一年の計を有らしめるために、密かに行われていた行事です。

当時のいい表し方として「年籠り(としこもり)」と呼ばれており、やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今の初詣の原形となったようですね。

江戸時代末期までの元日の社寺参拝としては、氏神神社に参詣したり、居住地から見て恵方にあたる神社や寺院に参拝していたみたいで、「年籠り」形式を踏まず、単に社寺に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのでしょう。

「土用の丑の日」にうなぎを食べる、という習わしもそうですが、遠隔地に初詣でに行く国民的行事は、鉄道の復旧と同時に観光関連の会社が創り上げたもので、有名神社や寺院への観光を兼ねた催し物的な行事が定着していったと思われます。

三社参り

文字どうり「三社参り」とは、正月に三つの神社に参拝することですが、これが日本全国に根付いているかといえばそうではありません。

各地方によっての誤差があり、北関東の方と西日本を中心に根付いた文化ですね。北関東の方では今でも「東国三社参り」といわれ、茨城県鹿嶋市にある「鹿島神宮」、茨城県神栖市にある「息栖神社」、千葉県香取市にある「香取神宮」を詣でる習慣があります。

私の住んでいる福岡県ではこの三社参りの習慣は明治以降の習慣として根付いたみたいで、ネットなので紹介しているのは「宮地嶽神社」、「筥崎宮」、「太宰府天満宮」が多く言われてますが、これも間違いではありませんが、『西国漫遊記』を見ると、「宗像大社」、「宮地嶽神社」、「筥崎宮(箱崎八幡)」とうたわれています。

九州全体でみると「宗像大社」、「宇佐神宮」、「祐徳稲荷神社」と言われていますが、実際の根拠自体は観光資源の復旧と財政確保によるものがあるみたいで、多少なりとも今でいう「経済効果」を狙ったものだと感じています。

こうしてみると「初詣で」や「三社参り」という習慣は日本の歴史の中で、古くから伝わった伝統的な物ではなく、ある意味で各地方の経済資源を狙ったイベント的な催しだったのでしょう。

とはいっても日本人、私もそうですが、お正月の風物詩として行かずにはおれません。

誰もが新たなる気持ちと決意で迎える新年、今年も「頑張るぞ!」と願ってしまいます。

宗像大社、辺津宮初詣で

宗像大社本殿
さて、「一年の計は元旦にあり」、ということで毎年お世話になっている宗像大社辺津宮へと足を運びました。当然如く渋滞は避けられないと考え、出発前の水分補給を控え、車を走らせました。

しかしながら、宗像大社に近くなっても車はスムーズ走り、最後の信号付近で100mぐらいの渋滞にあっただけで、約20分後、無事駐車場へと入ることができました。

宗像大社の駐車場は約800台駐車できると公表されていますが、これは第一、第二、第三駐車場含めてのものだと思うので、実際によく利用する第一駐車場は400台前後だと思います。

毎年のことですが、警備の方の誘導もあり、空いている列の駐車スペースが分かるので、迷うことなく駐車できるのがありがたいですね。

ほぼ満車状態ですが、出入りが頻繁に行われているので、駐車場入口の時間待ち次第ではほとんど待たずに駐車できます。

宗像大社参道

宗像大社には宮地嶽神社みたいな門前町は無く、駐車場からすぐ参道へと入り本殿前の神門まで約200m、その間、出店が立ち並んでいて、お正月の風物詩を醸し出しています。

一の鳥居、二の鳥居を過ぎ、心字池に架かる石橋を渡り神門前広場に出ると左に手水舎、右に宗像大社恒例の福引き場があります。

まずは手水舎にいき、手を清めて神門へと向かいます。本当は手を清めた後に体全体に清水を振りかけ、最後に水を飲むというのが古い習わしだそうですが、さすがにそこまでする人もいないし、自分も行う勇気もありませんね。

神門も入る前に止まり、一礼して入るのが神社の本殿(正殿)敷地に踏み込む第一歩です。できればみなさんも行ってくださいね。

特に宮地嶽神社や阿蘇神社にある楼門をくぐる前は一礼して入るのが常識とされています。

新年を待つ神門

実は去年の12月30日(晦日)の夜にどうしても撮りたい写真があったのでここを訪れています。それがこの写真ですね。

宗像大社、夜の神門

神門の扉が閉まっている状態です。これは誰もが深夜に来れば撮れる写真ですが、通常は真っ暗で撮れません。もちろんフラッシュなどは利用していないので、この明かりの中で、また、門の上あたりに元旦を迎えるに至って飾り付けが施されています。

これは年末年始の深夜にしか採れない貴重な一枚です。

第二宮・第三宮

さて、本殿前の拝殿にて参拝を済まし、神門を入って右側に位置するお札を販売している売店で車に付けるお札を購入、拝殿右側から高宮参道に入り第二宮、第三宮を目指します。

宗像大社、第三宮

ここでひとつ、世界遺産に登録されてからは、沖ノ島への一般の人たちの上陸が禁止されました。これは貴重な世界遺産としての、また、日本の歴史史上貴重な文化財が保護されている点からも仕方ないのでしょう。

そのために辺津宮敷地内に第二宮、第三宮を造営し、大島の中津宮に祀られている「湍津姫神」、沖ノ島に祀られている「田心姫神」を祀り、この辺津宮参りとして「宗像三女」を参拝できるようにしています。

宗像大社辺津宮、敷地配置図

ここで、宗像大社の配置図を張っておきます。

これを見ればどのような配置になっているかわかります。

宗像大社辺津宮配置図

古代祭場、降臨伝説の「高宮」

第二宮、第三宮を参拝し、いよいよ「高宮」へと向かいます。

このブログでも記していますが、「高宮」は日本でも数少ない古代祭場です。また、宗像三女が降臨した場所としても有名ですが、霊験あらたかな場所です。

地図上ではすぐ近くに描かれてます。また、案内板では高宮まで5分と書いていますが、ここからが大変です。

到着するまでは坂道と階段が続く歩道になっていて、足の悪い方、高齢者にとっては辛い道のりですね。

私も足が悪いので5分では到着しません。途中休憩を入れて約10分で到着です。

古代祭場、高宮

高宮祭場を参拝し、再び来た道を戻っていき、神門前広場まで帰ってきて、最後に毎年恒例の「福みくじ」を購入しました。

スポンサーリンク



宗像大社、恒例の「福みくじ!」

運だめしではないですが、去年は16等、一昨年は15等でしたが、まあ、何等が当たってもありがたいものです。ハズレくじ無しですから必ず何かをもらえますね。

宗像大社、福みくじ一覧表

今年は12等、かわいいネズミの置き物でした。今年の特別賞は「テロンギオイルヒーター」でしたが、一度でいいから当ててみたいものです。

福を招く干支の置き物

こういったものは縁起ものです。五穀豊穣、大漁追福、商売繁盛、家内安全、無病息災、安寧長寿、夫婦円満、子孫繁栄、祖先崇拝や招福祈願、厄除祈念をすべての人々に振舞うためのもの、「開運招福」ですね。

参道を華やかにする出店の賑わい

さて、参道を駐車場へと戻ります。参道の両側には出店が立ち並び、いい匂いを漂わせています。

やはり初詣でに来ると、何か買わないときがすまないですよね。

私的ですが毎年「東京ケーキ」を買って食べるのですが、今年はいくら探しても見当たりませんでした。

宗像大社、参道の出店

太宰府天満宮のおみやげとして有名な「梅ケ枝餅」も出店しており、人気があるのでしょう、行列ができていました。

出店の中で一番行列が多かったのは「もちもちポテト」のお店でした。梅ケ枝餅の隣にあるので周りに人だかりができて、人気の高さがうかがえます。

宗像大社、参道出店

また、B級グルメでいつも上位にランクインする「富士宮焼きそば」のお店も出ており、1パック500円、買って食べてみましたが、麺がもちもちでとてもおいしかったですね。

スポンサーリンク



宗像大社辺津宮、初詣で まとめ

世界遺産として登録された宗像大社辺津宮、中津宮、沖津宮、その当時、この地域を治めたとする「宗像氏」との関係、その関連遺産群として登録された「新原・奴山古墳群」も近くにあり、世界遺産の街としての人気が上昇しています。
玄界灘を望むこの宗像の地に育む歴史は古く、神代の頃にまで及びます。

また、海産物・海鮮丼で有名な、九州売り上げNo.1の「道の駅むなかた」もあり、一年を通して歴史や文化、そして美味しいものが味わえる場所です。

よかったら旅の途中にでも寄ってみてください。

ご機会があればお寄りいただければ幸いです。今日は最後までお読みいただきありがとうございました。

※観光関連・旅日記の記事を新しいサイトに引っ越ししております。こちらのサイトもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました