【古代出雲朝廷の原像】国譲りの謎

【古代出雲朝廷の原像】国譲りの謎

こんにちは、ワカマツです。

前記事で「出雲大社(いずものおおやしろ)」のことについて記していきましたが、正直、足りない部分が多々ありました。その中でも肝心な「国譲り」について今回はぐぃっと掘り下げていきます。興味のある方はお付き合いください。

■日本国以前の政治地図

4世紀といえば、中国の史書から「邪馬台国」の記録が消滅した266年、卑弥呼の後継者、台与(とよ)が西晋に朝貢した以降の、いわば「ポスト邪馬台国」の時代です。

この世紀がなぜ、今もって謎とされているか、その理由はいろいろと考えられるのですが、古代王国としての「出雲」や「吉備」の存在を『古事記』・『日本書紀』が抹消したことが、謎を深める要因のひとつとなっています。

4・5世紀の日本列島はどう考えても統一王朝ではなく、もっと突き詰めると7世紀末の天武・持統天皇までの政治的状況は、日本国以前だったような気がします。

突き詰めて言うと、天孫系王朝による統一国家づくりが志向された、6世紀末から7世紀にかけての推古女帝の治世を、日本国誕生の起点としてもおかしくないということなのです。

さらには、吉備王国が大和政権に帰属したとみられる雄略天皇の時代、5世紀後半の「吉備田狭(きびのたさ)の反乱」などの記述から推して、天孫系の王権が伸長しており、あるいは、独立した王国だった出雲も、遅くとも5世紀半ばまでには、大和政権の支配下に入っていたとも考えられます。

とすれば、雄略天皇が「倭王武」として中国から日本のキングであることを認知されたのも、根拠のある話と思うし、雄略天皇以前が日本国以前だった、ということもできます。

そこで4世紀から出雲朝廷の大和政権への吸収合併まで、日本列島はどんな政治的状況だったろうか。仮に邪馬台国が北部九州に位置したとして仮想してみると、北九州には旧邪馬台国を含む大小の国が連合として栄え、かなり開けた状態であったに違いない。

隠岐・対馬両島にまとまった集落があり、金官加羅の金海との往来が随時続いて、北九州と加羅にまたがる倭韓連邦みたいなものが形成されていたと考えられます。

山陰に目を向けると、出雲付近に大きな国が形成されるが、全体的に集落は少なく、人口的にも散文されており、日本海沿岸には特別大きな勢力が見当たらない。

関西方面に目を向けると、大和朝廷を形成する大きな国が出来上がり、河内・大和・近江などに多くの新開地が展望されて、日々人口が増えていった。

北陸の加賀・越前・若狭あたりに小国があるが全体的にムラが多く、国というよりは、集団集落と言った方がいいかもしれない程度の小国家が点在していたと見られます。また、関東から東北にいたっては、蝦夷の集落が転々とし、弥生人の移住地域が散見されていたと考えられます。

東国の日本列島先住者を除けば、いずれも4世紀以降、段階的に朝鮮半島から集団で移住し、移り住んだと思われますが、そのルーツは、新羅・加羅・百済、そして高句麗まで、朝鮮4ヶ国からの渡来者でした。

そしてそれぞれが集落や村、そして国を形成していって、お互いがゆるやかに連帯し、ある時は衝突しながら共存していきました。

4世紀の日本列島は日本国以前であり、この当時の大和政権もひとつの独立国家群の一部であったと推測できます。その中でも大きくなった連合体が「大和」・「出雲」・「吉備」ではないかということです。

スポンサーリンク


■「国譲り」神話の経緯

では、出雲朝廷はいつごろの時点で、どのような政治的展開で大和政権に吸収合併されたのでしょうか。前回の記事でも書いたように「記紀」には史実という形での出雲朝廷の記述がまったくありません。神話のところに、いわゆる「国譲り」として閉じ込められています。

吉備の服属は、大和政権による征服という形で史実に載り、『日本書紀』に記録されています。吉備朝廷の消滅が取り上げられているのに、出雲のそれが神話化されてぼかされたのはなぜか。だから「出雲朝廷など存在しなかった」と出雲王朝架空説まででてきるわけです。

出雲朝廷の服属が神話化された理由は、根本的には記紀の編纂が、実年代よりも上代へ過大に水増しされたことと無縁ではないと思います。

4世紀が謎に包まれてしまったのも、記紀編集の人為的カンニングとおおいに関係があります。7世紀末に、天武・持統王朝のもとで、記紀の編集方法として、この件を神話で処理することにしたからにほかならないのです。では、記紀などの「国譲り」の神話を紐解いていきましょう。

『古事記』の「神代」(上巻)には、なんと3分の1強が出雲との関係神話で占められています。しかもそのメインテーマが、支配権の平和的譲渡です。

出雲国が記紀にデビューするのは、伊邪那岐・伊邪那美の両神による天地創造の壮大な物語においてであり、ウツシ(顕)国の対極にあるヨミ(黄泉)国ということになります。

ついで、須佐之男命の「八岐大蛇退治」、天照大神の弟君で、高天原を追放され出雲神の祖となった須佐之男命ですが、その存在は数代後とされる大国主命(須佐之男命の子ども)が「国譲り」をする伏線的人物として配置されています。これも記紀編集の巧みな技といえるでしょう。

ここではっきりしておきたいのが、記紀は持統天皇の中での藤原不比等の時代をベースに創られたものということです。こと神話に限らず、すべてが7世紀の現実や利害関係、政治的ニーズに対処して編纂されています。

したがって、「国譲り」神話の謎というのは、実は編集企図、編集方針の謎にほかなりません。だいたい、そういう神話が7世紀末に大和の王朝周辺に広まっていたとは考えずらいですね。要は編集者たちが、持統女帝らの政治的ニーズに対応して記紀用に創造したものでしょう。

さて、大国主命の「国譲り」ですが、支配権の譲渡は次のようなプロセスで行われました。

①天照大神が、子孫を高天原から下界に下すべく「アメノホヒ」(天菩比)を使者として「根の国」(出雲)に派遣した。

②「アメノホヒ」は大国主命に味方して3年たっても帰ってこない。

③そこで天照大神は「アメノワカヒコ」(天若日子)を「根の国」に送るが、アメノワカヒコは、大国主命の娘「シタテルヒメ」(下照比売)と結婚して8年の歳月がたった。

いわゆる、天孫系の出雲合併作業がうまくいかなかったことを示すものだと思います。

④ついで、ナキメ(鳴女)というキジ(雉)を差し向ける。すると、天若日子が「声がわるい」と言って矢で射ち殺してしまう。その血が付いた矢が、ブーメランのように高天原に飛んで行く。その矢を見たタカミムスビ(高御産巣日)が、天若日子の裏切りを怒り、矢を下界に投げると、天若日子の胸に当って死ぬ。

まず、裏切りの分子が血祭りにあげられたわけですね。大和VS出雲に軍事的緊張が走ったということでしょう。

⑤第三の使者、タケミカズチノオ(建御雷之男)が、出雲の伊奈佐(イナサ)に着く。建御雷之男は、大国主命に強談判に及ぶ。露骨に国譲りを要求するが、大国主命はのらりくらりと引き延ばし戦法をとる。

出雲側が服属を渋ったものと思われます。しかしながら、正面切っての対決は避けたい。多分武力では劣勢だったのでしょう。

⑥大国主命の子であるコトシロヌシ(事代主)は、簡単に国譲りの件を承諾してしまった。しかし、大国主命は、もうひとりの子であるタケミナカタ(建御名方)の意見を聞け、という。建御雷之男が建御名方と会うが、力くらべをしてこれを負かし、さらに科野国州羽(シナノノクニスハ)まで追いつめて降伏させた。

実際に、出雲から信濃まで逃げたとはおえませんが、多少の武力衝突があったかもしれません。建御名方が屈したので、大国主命はようやく国譲りを承諾しました。「もはやこれまで」ということで、生き残りを条件に、高天原に服属したということです。

「この葦原の中つ国は、大国主命のまにまに既に献りぬ。」(『古事記』)

そして、事代主をはじめ「出雲朝廷」の王族は、天照大神に仕えることになりました。以上が、「国譲り」神話のストーリーですね。

神話が暗示しているものは、大和政権が出雲朝廷を吸収合併ことによって、日本列島の統一に成功した、もしくは統一を大きく加速させる出来事だったということになると思います。

スポンサーリンク



■「国譲り」神話の企画構成

それならばどうして記紀は、出雲が服属した実年代の項に示さないで、神話のところに処理したのだろうか。神話として扱ったのでは、この話がまったくのフィクションとして受け取られがちであります。

はたして本当に、出雲地方に大和政権が征服しなければいけないほどの、パワーのある勢力が存在したのでしょうか。たしかに「出雲王朝」と名の付く大きな国家があったと疑問視する方はたくさんいます。

しかし、それほど巨大な政権ではないが、日本列島に著しい影響力をもつ集団が出雲にいたことは、出雲地方の古墳の遺跡や遺物からでも伺えます。出雲朝廷の勢力の大小にかかわらず、このように、出雲の服属を神話の項で処理したのは、記紀編集の時点での政治的ニーズと編集方針などによるものだと感じています。

政治的ニーズというのは、7世紀末から8世紀初めの、日本と朝鮮の統一新羅との関係から生じました。出雲に限らず、山陰から北日本の日本海沿岸部の住民は、遺物などから見て新羅系だと思えるところがあります。

また、吉備の支配層は、百済・加羅系であり、天孫系王朝とは同根とみられます。記紀の編集時点では、朝鮮半島はすでに新羅に統一され、持統天皇の日本国とは緊迫した関係にありました。記紀、特に『日本書紀』は一貫して、反新羅を編集方針としています。

それが、持統天皇の基本外交路線だったからであり、この『日本書紀』を造った事自体が、新羅に対しての独立宣言みたいなものであったと言えるでしょう。

したがって、日本国成立、天孫系王朝の確立にいたるまで、一時的に新羅系大王(継体天皇)が大和に出現したり、新羅が日本に政治的な足跡を残した事実を、正史である『日本書紀』から排除しょうとしたのだと思います。

新羅色の一掃、これが政治的ニーズであり『日本書紀』の編集方針だったということになります。国譲りが神話で処理されたのはこのためだと思います。ちなみに4世紀に存在した出雲朝廷は新羅系であったのです。

さて、いったいどの地点で出雲が大和政権に吸収合併されたのか、その時点は定かではありません。国譲りの政治ドラマの主役である建御雷之男が、現実のどの大王を神話の中で投影させたのか。崇神・応神・雄略か。

建御雷之男がだれの身分であるかによつて決まってきます。しかし、4世紀中頃からあるいは5世紀後半にまたがると思います。ただ、合併までにはかなりの時間が掛かっていることは確かです。

しかし、記紀の編集方針は、その九州合併時点が、4・5世紀であってはならない、としました。なぜなら日本列島内部に新羅王国の分国があってはならないからでありました。

それはなかったことにして記述し、持統天皇が、天照大神いらい万世一系の皇統を受け継いでいる、としなければならなかったからです。

須佐之男命という天照大神の弟を架空に設定、その系譜を大国主命から事代主とつなげたのは、天孫系と出雲系が同根であることにしたからだったと思います。だからこそ記紀は出雲朝廷が新羅系であることと、吸収合併が4・5世紀であることを隠蔽したわけです。

そのため、新羅系の出雲朝廷の合併を、神話の項にいれて封じ込めたと言えます。一方、吉備は武力制圧などを記紀に書き込んだのは、吉備が大和政権と同じく天孫系だったから、なにも隠すことはなかったからです。

スポンサーリンク


■出雲朝廷が大和政権に屈した日

では、出雲朝廷の国譲りがどの時点で行われたかを、改めて推理していきたいと思います。天孫系の応神王朝が大和政権を打ち立てたのは374年とされています。

したがって、出雲VS大和の確執はそれ以降とみるのが妥当なところでしょう。国譲りの交渉も、応神以降で、吉備豪族を服属させた雄略天皇像を建御雷之男にだぶらせると、イメージがあうようです。

雄略紀によれば、安康天皇を暗殺した眉輪王(まよわのみこ)と二人の兄弟(八釣白彦皇子と境黒彦皇子)を殺害、葛城大臣を滅ぼして、大王の座をもぎ取りました。次に従妹で履中天皇の子で市辺押羽皇子(いちのへのおしは)を狩猟にことよせて謀殺しました。

ライバルをことごとく抹殺したのだから、雄略の時代に出雲が大和政権に服属させられたことは、十分に考えられることだと思います。事実、「倭王武」として雄略天皇は、倭国王のおすみつきを中国皇帝からいただいていますよね。たぶんこの時に日本統一の実績が認められたのではと思います。

神話では、高天原から根の国への使者派遣が次第にせっかちで乱暴なものになっています。何か雄略帝の高圧的な姿勢と似ているような気がします。

しかしこうも考えられます。出雲朝廷を吸収合併したのが、仲哀・神功の「九州王朝」だったのではないだろうかということです。そのわけは仲哀紀にみえる「タラシナカツヒコ」(仲哀)の足跡にみえます。

仲哀2年2月、角鹿(いまの敦賀)に行幸し、ここにケヒの宮を建てた、とあります。仲哀天皇は大和政権の皇子として日本列島に誕生したのではなかったと思われます。おそらく、朝鮮半島から船で北陸の地に上陸した天孫系王族だったのでしょう。

同年6月、先に記したように、角鹿から海路で豊浦に上陸、穴門に居所を移しました。ここでじつに6年もの歳月を過ごしています。

北九州進出は、仲哀8年正月です。この空白の6年間に、仲哀王朝はすぐ近くの出雲朝廷となんだかのコンタクトを取ったのではないかと思われます。

仲哀天皇は短い在位期間、角鹿・豊浦・北九州と目まぐるしく活動し、北九州王朝を樹立したのち、よせばいいのに、九州中部の「熊襲」討伐に出かけて戦死してしまいます。あらあらしい武将の典型的な大王であったのでしょう。

豊浦に滞在したのは、北九州占領のためでだったと思います。350年の後半のことですが、この間に、仲哀は出雲服属を求め、併合したうえで、その戦力を自軍に加えて、北九州の「伊都国」攻略にのりだしたのかもしれません。

とすれば国譲りの件は、4世紀の半ばということになり、雄略帝との年代差は約100年にも及びます。4世紀半ばに出雲が天孫系に吸収され、その後の北九州制圧、大和への進出に出雲パワーが協力したとすれば、その功績は極めて大きいと考えます。

大和政権の周辺に出雲系氏族が仕えており、地名にも山城国出雲郷などがあります。大和から出雲へ、地名や氏族名が移ったとの見方もありますが、天孫系(応神系)王朝が大和に進出したとき、出雲系が随従して定着した、と考える方が不自然ではないと思えます。

かなり早い時期、つまり350年代に、出雲が大和政権の傘下に加わった可能性もゼロではないのかもしれません。なぜならば、よく服属した出雲の悲劇がうたいあげられていますが、私が思うに、出雲系氏族は大和政権から厚遇されていると思います。

なぜならば、神話で出雲だけがクローズアップされていて、天孫系に次ぐナンバー2の扱いを受けていること。日本統一の協力者としてはナンバー1とされていること。記紀神話を素直に読むと、出雲朝廷の国譲りは賛美されているように感じます。

このことは意外と見落とされているのではと見ます。それどころか、ほかの国や氏族は戦略により滅亡や謀殺を受けているにも関わらず、出雲の扱いには謝意すら込められています。

『出雲国風土記』だけがほぼ完ぺきな形で保存されたのも、出雲朝廷が大和政権のよきパートナーななったことと無縁ではないような気がします。

先の吉備王国と吉備臣。王権の謀略者として指弾されています。『日本書紀』では「蛮国」として扱われています。これは反新羅という編集方針からです。蘇我・平群(へぐり)・葛城と大臣を出した臣姓の貴族も悪玉として扱われています。

それなのに新羅系の末裔である出雲一族は、記紀で破格の待遇を被ってすいます。これというのも、出雲が武力行使に至らず、平和的な交渉で、国譲りしたうえ、日本統一に協力したから、その貢献度が評価されたのかもしれません。

あくまでも私論であるがうえに、いろいろと仮説を立てていますが、実際にその時代に行ってみなければ実体はわからないということです。歴史を考えるうえで途方もない見解を見ることがありますが、これが古代史の醍醐味であり、尽きない夢物語と言えるでしょう。

歴史好きな方であれば少しは理解していただけると思います。きょうはくだらない私論を最後までお読みくださりありがとうございます。

※関連記事もしくはブログ記事はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク



※「歴史」・「生活」・「政治・経済」のブログもあります。興味がある方は覗いてください。

※無料写真ダウンロードも開設しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。