【日南海岸】南国宮崎の古代ロマン漂うロードパーク(前編)

【日南海岸】南国宮崎の古代ロマン漂うロードパーク(前編)

こんにちは、ワカマツです。

「真冬にこんな記事書いて大丈夫、バカじゃない」と思われそうですが、これはあえて2019年の夏を見越しての記事であります。2018年の3月に訪れた日南海岸は、すべて中途半端に終わっていいます。

観光が目的ではなかったので仕方ないとは思っていますが、この時、少しだけ歴史関連のことを調べました。記事も中途半端で半年ほど放置していましたが、この度、性根を入れてまとめてみました。

今年は再度、この宮崎市街地から、宮崎の最南端都井岬までのゴールデンルートを旅し、記事にしていくつもりです。その前に前哨戦ともいうべき記事を、歴史と絡み合わせながら書いていきますね。興味がない方はごめんなさい。

スポンサーリンク


🔶「日南ロードパーク」昭和から続く観光の神髄

■亜熱帯植物が自生する「青島」

国道220号線を宮崎市街から15分ほど南へ走り加江田川を渡ると、国道と県道の分岐がある。ここからが本格的な「日南ロードパーク」のはじまりです。

その分岐点を左に降りてゆき県道377号線に入っていきます。この道路は旧220号線ですね。この分岐点から今は青島バイパスが通っていて、堀切峠まで一気に行けるようになっています。

ただ、情緒があるのはやはり旧道の方だと思います。分岐してから青島市街地までは5分ほどで入って行き、市街地が近づくと、ハイカラな観光ホテルが立ち並び、いかにも南国宮崎を象徴するかのようにピロー樹の並木が出迎えてくれます。

青島」は、海幸彦山幸彦の神話や亜熱帯植物の自生する島です。そして、「鬼の洗濯岩」と呼ばれる波状岩で知られた島です。

駐車場に車を止めて徒歩で青島を目指すと、道の両側には海産物のお土産を揃えたお店が軒を並べる。その細い道をしばらく進むと白砂青松の美しい砂浜に出ていきます。

砂浜から青島へは、干潮の時なら「鬼の洗濯岩」の上を歩いて渡れるということであったが、私が来たときは残念ながら海中に没していました。

弥生橋を渡り青島に入ると、そこには、何十列にも連なった魚の鱗を連想させる、奇妙な紋様をみせる大きな波状岩が現れます。

この波状岩は、地球創成期の第三紀にあたるころ、海中で形成された水成岩が隆起し、太古以来の長い年月、波の浸食を受け続けてきたために、出来上がった自然の造形美です。

岩の上に乗ってみました。波に濡れた岩は滑るのではと、思い恐る恐る乗ってゆっくり歩いてみると、意外にザラザラとしていて歩きやすかったですね。また、岩は硬く頑丈で、これならいかに力の強い鬼が、洗濯板代わりに使っても崩れることはないだろう、と思わせるほどにどっしりとしていました。

しばし、岩の感触と奇妙な紋様の美しさを楽しんだ後は、青島をぐるりと回っている遊歩道を歩きました。一周約1.5キロほどですね。

青島神社と陰刻された、人の背の高さほどの石柱が立っています。そこから西回りに遊歩道を進むと、朱塗りの大鳥居が立っています。島の中央に鎮座する青島神社の一の鳥居です。

青島神社はうっそうと茂る、ピロー樹の森の中に埋もれるようにひっそりと鎮座しています。この青島全体でピロー樹は約3000本あり、約220種類の亜熱帯植物が自生しているといわれています。

青島神社に祀られている神は、神武天皇の祖父にあたる、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)と、祖母にあたる豊玉姫命(とよたまひめのみこと)です。よく温泉神社に祀られている神ですね。

やはり縁結び、安産の神です。だから昭和のハネムーンラッシュの時期は、この青島神社に参拝して祈願することがステータスになっていたみたいです。あともう一人、海神の塩土大神(しおつちのおおかみ)を含めて三柱です。

主神の彦火火出見命と豊玉姫命はロマンがあります。彦火火出見命即ち山幸彦は、ある日、兄の海幸彦にお互いの猟具を取り替え、兄は山へ自分は海に出て猟をすることを提案した。

その提案を受け入れた兄は、大事な釣り竿と釣り針を弟に渡した。喜んだ山幸彦は勇んで海に釣りに出かけたが、どうしたわけか一匹も魚が釣れない。その上にあろうことか、兄の大事にしている釣り針を失くしてしまった。

そこで山幸彦は、自分の一番大事にしている剣を釣り針に変えて誤ったが、兄はどうしても元の釣り針でなければと許してくれない。困り果てた山幸彦が泣いていると、海水の神霊シオッチが現れ、海神国(わたつみのくに)へ行くことを奨めた。

山幸彦は教えられた通り、海神国へ行き、海神(わたつみ)に会った。すると海神は山幸彦を一目見るなり「この人は、天つ日高の御子なり」と言って、娘の豊玉姫と結婚させてしまった。

それから3年の歳月が過ぎた。山幸彦は当初の目的を思い出し、海神に、失くした兄の釣り針を探しに来たことを告げた。

海神は鯛の喉から釣り針を探し出してくれた。釣り針の見つかった山幸彦は急いで兄の元へ帰ることにした。海神国から一尋鰐(ひとひろわに)の背に乗って送り届けられたのが、青島であると伝わっています。

青島に上がった日は旧暦の12月17日と言われ、今でもその日は青島神社の冬まつり(裸祭り)神事が行われており、多くの見物客でにぎわいを見せています。

青島神社の境内を出ると、すぐに鬼の洗濯岩が大きな広がりを見せて続いています。弥生橋近くの岩と比べると少し黒っぽく見えますね。その鬼の洗濯岩の南側には灯台が見えます。

打ち寄せる太平洋の荒波が、灯台の下で砕け、大きな波しぶきを上げている様は豪快です。青島は日南海岸国定公園の北の玄関口ともいえる地点にある極めて小さい島ですが、訪れる人々の目を十分に楽しませてくれる場所です。

スポンサーリンク



■日南ロードパーク

青島から沿って南に延びる日南ロードパークの道は、四季折々の花が咲き、訪れる人々の目を楽しませてくれます。今回の旅では季節的に、花満開とはいきませんが、緑の濃ゆいフェニックスの葉や大きなソテツの間から見る日南海岸の素晴らしい眺めは、まさにロードパークと地元の人が自慢するだけのことはあります。

県道377号線を青島から進んで行くと、また、国道220号線に合流します。信号を右折して300メーターぐらい行くとまたすぐに県道377号線に降りる道があります。信号を曲がると「堀切峠」・「道の駅フェニックス」の看板が出ているのでわかります。

バイパスを行くと観光に来た意味がありません。バイパスは堀切を過ぎるとすぐトンネルに入るので景色はまともに見られないのです。必ず県道へ降りてロードパークを走りましょう。

県道へ降りると桜木の多い登坂の道なっています。その坂を登り詰めると、突然視界がパァーと開け、真っ青な大海原がパノラマのように目に飛び込んできます。

眼下には鬼の洗濯岩が南北にどこまでもつらなり、白い波しぶきが舞い上がっています。この瞬間がやはり最高ですね、南国宮崎を実感する場所です。

ここが日南海岸随一の眺望を楽しめる堀切峠です。そこを過ぎると道路は緩やかに下っていきます。左手に太平洋を見ながら進むとすぐに白い円形の建物が見えてきます。そこが「道の駅フェニックス」です。確か昔はドライブインだったような気がする。

ここに車を止めて休憩です。道の駅としてはごく普通の店内ですが、道を挟んで展望台がありますが、そこから見る鬼の洗濯岩からつながる太平洋の海原が一望できます。まさに絶景の一言に尽きる。

撮影スポットとしても最適で、ここから写真を写すといかにも「日南海岸にきましたよ」と言わんばかりのベストショットが撮れるはずです。

ちなみに、普通の道の駅ではありますが、一つ気になるものがあります。それはマンゴーソフト。見るからにマンゴー色をしており思わず食べたくなりますね。味は賛否両論ありますが、私は好きですね。

絶景を見て休憩をした後は、さらに県道を太平洋を左手に見ながら緩やかに下っていきます。海岸線に沿った道路を下りきったあたりでトンネルがありますが、その手前に側道に降りていきます。そこへ入って行くとモービル石油の貯蔵タンクが立ち並ぶ内海港に入って行きます。

ただそれだけなのてすが、どうせ来たのだから見らない手はない。しかし、この側道が「日南ロードパーク」ですよ。この道はぐるりと回ってトンネルを過ぎたところで合流します。

するとすぐに国道220号線にまた合流する。ここで旧道は終わりです。これからは国道を走って南へ下っていきますね。

内海港を過ぎて国道を500メーターぐらい走ると左手にローソンが見えます。その隣に「南風茶屋」というお店がありますが、ここの「チキン南蛮」がかなりうまいらしい。ネットでも口コミで噂になっていますね。

うどんは食べたことがありますが、どちらかというと福岡うどんに似て柔らかいので、腰があるうどんを好む方は合わないかもしれません。

そこを過ぎてさらに1キロほど南に下っていくと、左手前方に「巾着島」という小さな島が見えてきます。島までは車で行けませんが近くまでならいけます。そこから歩いて200mぐらいかな、島の小さな灯台まで行くと、ここもまた絶景ですね。

観光客はほとんど来ない隠れた絶景スポットですよ。灯台には上れませんが、ここから眼下に見おろすと、波状岩と島のバランスがとても素晴らしいと感じます。海岸線とは違った波状岩の景色がここで見ることができます。

再度、国道220号線を南に1キロぐらい下っていくと、道路が90度近く曲がったカーブがあります。そこが「イルカ峠」と呼ばれているところです。

駐車場は道路の側道が広くなっている感じで、乗用車が5~6台程度しか止められません。ここも車を止めて景色を見ていただきたいですね。運が良ければ名前のとおり、イルカに出会えるかもしれません。過去に目撃例は数多くあるみたいですよ。

さて、このイルカ峠あたりから日南市に入って行きます。素晴らしき「日南海岸」、いかにも南国にふさわしいロードパークの旅ですね。この道のりは全国でも有数のドライブコースだと感じています。

後半は日南市へ入り、なぜかモアイが立つ「サンメッセ日南」と「鵜戸神宮」をみて、日南海岸と別れを告げて、城下町飫肥(おび)町へと足を運びます。

今日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




関連記事はこちらからどうぞ
湯布院の「金鱗湖」は神秘の湖?絶景のカフェと「湯の坪街道」を歩く
湯の街別府の観光、絶景スポットと名物だんご汁
春の深耶馬渓 絶品! とろろそばと癒しの温泉
筑前芦屋の「とと市場」 絶品!?の「海鮮丼」
道の駅むなかたの海産物がすごい!
【門司港レトロ】観光とグルメの定番焼きカレー!
【温泉津温泉】と世界遺産の石見銀山
【奥津温泉】観光と歴史 津山藩の名湯

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。