【睡眠時無呼吸症候群】の症状とアドバイス

生活記事

今回は自分の知人で、病院の検査で「睡眠時無呼吸症候群」と診断されたことについて掘り下げてみました。

調べていくうちに自分も「睡眠時無呼吸症候群」かも?と思い当たる点がいくつも出てきたのでビックリですね。

特に昼間の眠気については、前々から気にはしていたのですがなんかいや~な予感がしてきましたね。

知人もこれからが自分にあった最適な治療をやっていくということで、先生の話ではけっこう治療に時間がかかるといわれたそうです。

スポンサーリンク



【睡眠時無呼吸症候群】の及ぼす影響

自分が知ってる限りでは、寝ている間に呼吸が何度も止まる、と言うことですね。

それといびきが関係しているということも聞いたことがあります。

知人も日ごろからのいびきはひどかったみたいで、夜中に自分のいびきで何度も目が覚めたり、仕事中に激しい眠気が襲ってきたりと、さすがに危機感を持ち始め病院に行く決断をしたみたいです。

日本の潜在患者数は300万人以上!?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるということです。

ネットで調べればすぐに出てくるのですが、自分の睡眠時間は平均して5時間ぐらいです。

夜遅くまでPCの前で作業しているので、寝るのはいつも夜中の1時前後、朝は6時には起きて、7時位からはもう仕事をしています。

昼飯を食べた後に襲ってくる激しい眠気もあり少しばかり気にはなっています。

睡眠中の酸素不足による脳や身体へのダメージ

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものですよね。

その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。

寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。

脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。

その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてくるということです。

いびきだけじゃない!こんな症状はありませんか?

セルフチェックというやつですが自分も少なからずやってみました。益々「睡眠時無呼吸症候群」の危機感が高まっていますが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状をご紹介しておきます。

自覚症状の感じ方や程度には個人差がありますから、可能であれば寝ている間のことについてぜひご家族やパートナーにきいてみてください。

「ちょっと疲れているだけ」、「いつものこと」で終わらせず、日常生活を振り返ってください。

●寝ている間
いびきをかく<
いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
呼吸が止まる<
呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
むせる
何度も目が覚める(お手洗いに起きる)
寝汗をかく

●起きたとき
口が渇いている
頭が痛い、ズキズキする
熟睡感がない
すっきり起きられない
身体が重いと感じる

●起きているとき
強い眠気がある
だるさ、倦怠感がある
集中力が続かない
いつも疲労感がある

これらがセルフチェックですが、これだけで「睡眠時無呼吸症候群」とは言えません。

これに似たような症状で当てはまるのが「ストレス症候群」です。

概要的なものですから一度チェックしてみてください。実際に当てはまる項目が多い場合は、身体に何かしらの障害が出ているということです。

さて、「こんな人があぶない!」とよく指摘されます。

生活習慣の中で夜だけの症状ではなく、日中の生活にも要注意ですね。

タバコがやめられない」・「お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化している」・「太り気味、暴飲暴食してしまうことが多々ある」・「高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある」、ということです。

特にタバコは「百害あって一利なし」と言いますし、10月からのタバコの値上げで自分も7割は電子タバコですが、どうしてもやめられず通常の紙巻タバコも吸っています。

痩せているからといって安心は禁物です。

「睡眠時無呼吸症候群」は、太った男性がかかる病気というイメージがあるかも知れませんが、太っていなくても、痩せていても、女性でもかかる病気です。

それは、顔や首まわりの形体的特徴がその発症と強く関連するためです。

「睡眠時無呼吸症候群」になりやすい体形の特徴が載っていたので書いときます。

首が短い
首が太い、まわりに脂肪がついている
下あごが小さい、小顔
下あごが後方に引っ込んでいる
歯並びが悪い
舌や舌の付け根が大きい

実際には男性罹患率の高い病気です。

男性に多い理由の1つには、男性特有の脂肪のつき方・体型が関係していると考えられています。
女性と比べて男性の肥満は上半身に脂肪がつきやすいのが特徴で、健康な男女の比較によると、男性では頸部への脂肪の分布割合がより高い傾向がみられます。

このような男性特有の体型が「睡眠時無呼吸症候群」の罹患率にも影響していると言われています。

ただし、女性も年代によっては罹患率が上昇するため注意が必要です。

閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)は男性に多いことが報告されていますが、更年期以降には女性の罹患率も高まります。

また、「閉塞型睡眠時無呼吸」の特徴的な症状である「いびき」も、加齢と共にその頻度が高くなります。

その理由の1つは女性ホルモンの働きにあると考えられています。女性ホルモンの1つであるプロゲステロンには、上気道開大筋の筋活動を高める作用があります。

閉経によるホルモンバランスの変化が「閉塞型睡眠時無呼吸」発症に関与していると考えられています。
閉経後では閉経前と比べて発症率がおよそ3倍にもなるというデータも報告されています。

スポンサーリンク



では、なぜ呼吸が止まるのか?

睡眠中に呼吸が止まる二大要因で、睡眠中に呼吸が止まってしまう原因は大きく分けて2つあるみたいです。

1つ目は、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)

2つ目は、呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。

閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)

喉や気道が塞がってしまうタイプ

上気道に空気が通る十分なスペースがなくなり呼吸が止まってしまうタイプです。

SAS患者さんのほとんど、9割程度がこの閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に該当します。

上気道のスペースが狭くなる要因としては、首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大のほか、舌根(舌の付け根)、口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋(口腔上壁後方の軟らかい部分)などによる喉・上気道の狭窄が挙げられます。

これには、骨格とその中におさまる解剖学的な組織の量が関係します。

元々大きい骨格であれば多少太ったとしても、つまり組織の量が増えても、上気道を狭める可能性はそう高くはありません。

しかし、例えば元々小さい骨格の場合は、上気道のスペースが圧迫されて狭くなり、元から上気道のスペースが少ない場合にはさらに閉塞しやすい状況になるわけです。

「仰向けに寝るといびきをかくのに、横向きになるといびきをかかない」のは、仰向けで寝た時に気道が狭くなっている証拠です。

特に仰向けの場合は舌の付け根(舌根)などが上気道に落ち込みやすくなります。

睡眠中は筋肉が弛緩するので、ただでさえ無呼吸が起こりやすい状態になるのです。

上気道に十分なスペースがあるときには問題ないのですが、上気道が閉塞してくると狭い隙間を空気が通ろうとするので、音、つまり「いびき」が生じます。

そして上気道が完全に塞がれてしまうと空気が通る隙間がなくなり、「無呼吸」になるわけです。

電車の中や会議中などで椅子に座った状態でもいびきをかいてしまうとしたら、要注意です。

中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)

脳から呼吸指令が出なくなるタイプ

脳から呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常です。睡眠時無呼吸症候群の中でもこのタイプは数%程度です。

肺や胸郭、呼吸筋、末梢神経には異常がないのに、呼吸指令が出ないことにより無呼吸が生じます。OSAと違い、気道は開存したままです。

OSAの場合は気道が狭くなって呼吸がしにくくなるため一生懸命呼吸しようと努力しますが、CSAの場合は呼吸しようという努力がみられません。

CSAに陥るメカニズムは様々ですが、心臓の機能が低下した方の場合には30-40%の割合で中枢型の無呼吸がみられるとされています。

睡眠時無呼吸症候群が招く事件・事故

居眠り運転の経験「あり」と答えた人は5倍以上! このデーターは凄いですね。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)によって生じる日中の眠気は、判断力・集中力や作業効率の低下を招きかねません。

SASや睡眠障害によって生じる経済的損失が3.5兆円になるとの試算もあるように、交通事故をはじめ医療事故・産業事故などにもつながれば社会的リスクも重大です。

SASによる居眠りは、仕事中や運転中にも悪影響を与えかねません。

「運転中の眠気」の経験割合は、非SAS患者と比較してSAS患者で4倍(40.9%)、「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%)という調査結果も示されています。

※実際にこんな事故がありましたよね。

2012年に群馬県藤岡市の関越自動車道で起きた高速ツアーバスの事故はまだ記憶に新しいと思います。

バスが高速道路脇の壁に衝突し、乗客7名が死亡、38名が重軽傷を負った大事故です。

事故後、運転手の日雇いなど複数の法令違反が明らかになり、バス会社の安全管理体制が問題視されました。

この事故を受けて、国も再発防止策をまとめるなど対策に乗り出しましたが、一方で運転手にSASの症状が確認されたことでも注目が集まりました。

SASと交通事故をめぐっては、SAS症状が事故にどう影響したかが争点の1つになり、過去の裁判でも判断がわかれています。

この事故では、SASの影響で突然意識を失ったとする弁護側の主張が退けられました。

自動車運転過失致死傷罪などに問われた運転手に、懲役9年6ヶ月・罰金200万円の実刑が確定しています。

たかがいびき、されどいびき。身体に悪影響を及ぼすことも・・・

昨今、「いびき」を主訴に医療機関を受診する人が増えていると言われています。

パートナーや周りから指摘され、「迷惑をかけたくないから、とにかく治療したい」と受診する人も多いようですが、いびきの背景にある「病気」にも目が向けられるようになったことも受診者が増えている一因かもしれません。

「自分のいびきで目が覚めたことがある」という人もいるかも知れませんが、ほとんどの人は寝ている間の自分の状態についてよくわかっていないはずです。

自分がいびきをかいているのか?かいていないのか?具体的にどんなときにかいているのか?

といったことをきちんと知るには、眠っている時の状態を客観的に検査することが大切です。

いびきの原因を知ることが重要

いびきの種類ですが、普段はいびきをかかないのに、疲れたときやお酒を飲んだときに限っていびきをかく、という人もいるでしょう。これは「散発性のいびき」です。

一方、寝ているときはいつもいびきをかく、という場合は「習慣性いびき」です。

この「習慣性いびき」は、寝ている間の換気量低下(呼吸量が減ること)や覚醒反応(体は眠っていても脳が起きた状態になってしまうこと)の有無によって、さらに「単純いびき」と、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)に伴ういびき」とに分けられます。

注意が必要ないびき

「SASに伴ういびき」だった場合、上記でもご紹介している通り、日中の眠気が生じたり、命に関わる生活習慣病のリスクを高めることにもなりかねません。注意が必要です。

手軽に使えるいびき防止グッズなどもよく見かけるようになりましたが、重要なのは、いびきの原因をきちんと知ることだと思います。
いびきをかく人の健康リスク、いびきをかかない人に比べて全般的にリスクが高い傾向。

スポンサーリンク



睡眠時無呼吸症候群のまとめ

「もしかしたら?」と思ったら、早めの受診が肝心です。

自分では気付いていなくても、ご家族や友人・同僚などからいびきや居眠り、寝ている間の無呼吸を指摘されたら、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑ってみることも必要です。

ご家族やベッドパートナーと一緒に受診する方も多くいるみたいです。

寝ている間の自分ではわからないことだからこそ、周りからのアドバイスが貴重なのです。

「疲れているから」、「いつものこと」で済まされない事態を招いてしまう前に、早めの対処が大切です。

専門の医療機関やいつものお医者さんにご相談をすることから始めたらいいのではないでしょうか。「睡眠時無呼吸症候群」SASの検査と治療ができる医療機関は全国にあります。

SASは多くの科で診療されており、医療機関によって「睡眠外来」や「睡眠センター」のようなSAS専門の外来を設けている場合もあれば、内科、呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉科、精神科などが対応している場合もあります。

近くにSASを診療している医療機関がない場合、またはあるかわからない場合は、まずはかかりつけの医師・病院に相談しましょう。自分も知人の治療経過を見て受診するつもりです。

また、ご機会があればお寄りいただければ幸いです。今日は最後までお読みいただきありがとうございました。

※ブログ内の記事はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました