「旅ブログ」空2018

スポンサーリンク





はじめまして。管理人のワカマツと申します。
今までは、altowakaというハンドルネームで運営してきましたが、2019年を迎える前に”来年は飛躍の年でありたい”と願う気持ちから実名、写真を載せることにしました。

何事も信用が第一と考えると、やはり実名ですべての行動を行うべきと判断し、今後の責任ある運営に全力で力を注いでいきます。コンセプトは変わりません。

(Live With Nature)自然と共に生きる” をテーマに四季を通して旅を行い、その土地の歴史を知り、名もない景色にそして小さな川の流れに感動し、人々にやすらぎを与えて旅をする楽しさ、そして自然を愛する美しさを提供させていただきたいと思います。

旅をするとおいしいものが食べたくなります。各地方の食文化、おいしいお店、また珍しい食べ物(あまりお金がないので高級な食事はできませんが(^^;;…)を紹介していきたいと思います。

幸いか、災いが、どちらとも言えませんが、このブログ作成に賛同してくれる方が二人いらっしゃいます。

見た目、味、そして食感を客観的に見てストレートに表現してくれます。(大飯食いでもありますが)(^^;;

この二人を用いれば怖いものなし!

経費を抑えつつ、庶民感覚で皆様にわかりやすく伝わるように、取材をしていきたいと思います。また、この「旅ブログ」に記載する記事は、原則altowakaが20年間の間で訪れた場所を載せていく事とし、訪れてもいない場所を絶対に載せないことを厳守します。

当然のことながら、旅に関するブログは年々増えています。中には、「これ絶対に行ってないだろう」という記事が近年多くみられます。まず訪問する場所の歴史を知り、それに基づいて自然の美しさ、旅の楽しさを表現していければと考えます。

また、このブログを見ていただいてる皆さまと共に大きく成長させていき、少しでも心の癒しになればと思う次第です。

「旅ブログ」空2018       いよいよ旅立ちます‼

 

 

     

私の夢はもう一度「ハレー彗星」を見ること!

ハレー彗星の次の回帰は2062年頃、あと44年も先の話ですが、私は1986年に一度見ています。父親に連れられて北九州市小倉南区に位置する「平尾台カルスト台地」で見学しました。しかしこの時はただの星にしか見えませんでした。父親がしきりに”あれがハレーだ”と叫んでいましたが、何度見てもよくわからなかった記憶が残っています。

あの当時はわかりませんでしたが、今になってあの当時のハレー彗星の軌道を調べてみると、太陽の裏側を通る軌道だったので地球とはかなり離れていたとのことです。

近年で一番よく見えたのは、1910年(明治43年)の大出現です。この時は地球にハレー彗星が衝突するのではないかと言われていました。日本は明治という大変革の年紀の最後を飾る事件としてとらえられたし、欧米でもいわいゆる世紀末の残影、19世紀の終わりを締めくくる意味でとらえられていました。

だから世界的に大混乱に陥ってしまい、地球消滅のデマまで飛び交ったそうです。この時は世界のどこからでも肉眼ではっきりとハレーが飛んで行く姿が確認できたそうです。

あと44年後、生きていたらの話です。だからこそ無駄に長生きをしてみようと思っております。

※歴史カテゴリーの追加

2018年12月より、「旅ブログ」空2018のブログの中で歴史カテゴリーを追加していきます。あくまでも個人主観ではありますが、歴史と旅は大いにつながりを持っていると思います。歴史もロマンであり、旅もロマンです。

その関連性を探りながら、このブログを展開していきたいと考えています。「旅行」としての特化したものだけではなく、「旅」もあるし、「歴史」もあるというような二大テーマを掲げて進んで行きます。

ただ雑記ブログだけにはしたくないので、この二つのテーマに沿って記事を載せていきます。ブログ構成の考え方はいろいろとあるのですが、これから先は雑誌的な感覚も、持たせて行きたいと思い試験的に行っていきます。

将来的には分離する可能性もありますが、しばらくは続けていくつもりです。どうかご理解のほどをお願いしたします。

これからは「」・「歴史」がテーマです。

これからも「旅ブログ」空2018をよろしくお願いいたします。